魅力たっぷり広島県三次市

広島といえば
三次といえば
    魅力たっぷり広島県三次市

    広島県三次市

    広島県三次市について

    広島県三次市を知っていますか?豊かな自然に恵まれ、ここでしか味わえない郷土の味もたくさん。のどかな田園風景が広がるこの広島県三次市の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。広島県三次市は広島県北部に位置する市で広島県北部の中心都市で、イメージでいうと日本昔話のような、豊かな自然条件のもと、米、野菜類、果樹、畜産など、多品目の農産物が生産されていて、地理的な条件にも恵まれているため、生産物は各方面に出荷されています。特に近隣大消費地の広島市には、アンテナショップ『双三・三次きん菜館』と“インショップ”を11ヶ所常設し、都市住民と交流を深めながら農業振興を推進しています。

    広島県三次市とは?

    広島県三次市は中国地方のほぼ中央に位置し、広島県と島根県を結ぶ交通の要所として発展してきました。三次市の面積は、2004年に周辺6町村と合併したときから近隣の6自治体と合併した新・庄原市が2005年に誕生するまでの1年間、中国地方の市では最大でした。広島県三次市は江の川、馬洗川、西城川が合流し、広島県に降る雨のおよそ1/3が集まるといわれる水都です。広島県三次市内の各地域では、それぞれ特色あるまちづくりが展開され、自然体験や農家民泊による農村体験等の豊かな自然・伝統・文化、農林業を活かした都市との交流が活発に行われています。

    広島県三次市の三次盆地を知っていますか?

    広島県三次市の三次盆地では、秋から早春にかけての早朝に深い霧が発生し、三次市内の展望台からは幻想的な「霧の海」を眺めることができます。「霧の海開き」では、霧の海が望める期間の安全祈願、各種イベント等が開催されます。

    三次市の食文化を知っていますか?

    広島県三次市では古くから「ワニ」を刺身で食べる習慣があります。特に秋祭や正月には欠かせないご馳走でした。ワニとはサメのことで、身が腐りにくく、山間の三次でも刺身で食せる魚として重宝されていました。広島県三次市では今でもスーパーにはワニの刺身が並び、飲食店では刺身のほか天ぷらや炊き込みご飯など様々なワニ料理を楽しむことができます。

    三次市への交通アクセス

    • 広島からJR芸備線快速:1時間20分
    • 広島からJR芸備線普通:1時間50分
    • 広島から高速バス:1時間20分
    • 広島から国道54号線:1時間40分
    • 広島空港から国道375号線:1時間30分
    • 大阪から中国自動車道:4時間
    • 福山からJR福塩線:2時間30分
    • 尾道から国道184号線:1時間30分
    • 松江からバス:2時間20分
    • 江津からJR三江線:3時間

    広島県三次市の人気スポット

    ここでは広島県三次市のお勧めスポットをまとめてみました(*´∀`*)

    霧の海

    広島県三次市の高谷山の霧の海展望台からの眺めは、まるで白い海に小島が浮かんでいるようです。水都で盆地という立地から、秋口より早春にかけての早朝、町は霧の海に包まれます。

    アクセス
    • 住所:広島県三次市粟屋町高谷山(霧の海展望台)
    • 交通:中国自動車道三次ICより車で約25分

    三次ワイナリー

    広島県三次市の風土で育ったぶどうで製造するワインの醸造所です。製造工程を見学できる見学コースや、試飲コーナーが人気で、施設内には広場、農村体験館、研修室などがあり、随時イベントも行われています。

    住所

    広島県三次市東酒屋町445-3

    交通

    中国自動車道三次ICより車で約5分

    尾関山公園

    尾関山公園は、寛永6(1632)年、三次藩主として入封した浅野長治によって下屋敷が置かれた尾関山を整備した公園です。天文台・発蒙閣が設けられた頂上は現在、広島県三次市街地が一望できる展望台となっています。桜の名所として有名な公園で、八重、枝垂れなど多品種が交互に咲くため、4月初旬~下旬まで楽しめます。

    住所

    広島県三次市三次町1674-2

    アクセス
    • 交通:JR三江線尾関山駅から徒歩5分
    • 中国自動車道三次ICより車で約15分

    常清滝

    今から一億年前の中生代白亜紀の中期に噴出した流紋岩の断崖にかかる、高さ126mの滝で、日光の華厳の滝や熊野の那智の滝に匹敵する高さを誇ります。3段に分かれ流れ落ちる滝は、上段の36mは「荒波」、69mの中段は「白糸」、21mの下段は「玉水」と名付けられ、広島県の名勝や「日本の滝百選」にも選ばれています。

    住所

    広島県三次市作木町下作木

    アクセス
    • 交通:JR三次駅より都賀橋・伊賀和志行バス作木支所前下車、徒歩20分
    • 中国自動車道三次ICより車で約30分、駐車場より徒歩約7分

    ふわふわドーム(広島県立みよし公園)

    ふわふわドーム(広島県立みよし公園)は、有料で楽しめる温水プール、トレーニングルーム、屋内競技場、無料で楽しめる芝生広場や大型遊具のあるこども広場、 自然探索道、しょうぶ園など、多彩な施設を有する広島県三次市の公園です。スポーツはもちろん、広島県三次市の四季を満喫できる施設です。

    住所

    広島県三次市四拾貫町神田谷

    アクセス
    • JR三次駅よりバス、みよし公園下車徒歩7分
    • 中国自動車道三次ICより車で約15分

    江の川カヌー公園さくぎ

    広島県三次市の「中国太郎」の異名を持つ一級河川、江の川上流に作られたカヌー公園。カヌー教室はもちろん、ラフトボート体験やサイクリング、水遊びなどが楽しめます。コーテジやオートキャンプ場など、宿泊施設も充実、管理棟では食事や作木の特産品の販売も行っています。

    住所

    広島県三次市作木町香淀116

    交通
    • JR三江線香淀駅より徒歩約20分
    • 中国自動車道三次ICより車で約40分

    古代住居(みよし風土記の丘)

    広島県三次市にある約30haの丘陵に整備された公園には、移設された国史跡の浄楽寺・七ッ塚古墳群や、国重要文化財「旧真野家住宅をはじめとした、古代住居や重要文化財の建物が無料で保存、公開されているほか、自然野草園、野鳥の森なども整備されています。資料館また、園内には歴史民俗資料館(有料)もあり、定期的に開催される体験教室や、文化財講座などが人気です。

    住所

    広島県三次市小田幸町122

    交通
    • JR三次駅よりバス、風土記の丘入口下車
    • 中国自動車道三次ICより車で約10分
    • 吉舎町歴史博物館(美術館あーとあい・きさ)

    吉舎町歴史博物館(美術館あーとあい・きさ)は、広島県三次市吉舎町出身の日本画家奥田元宋と、人形作家の奥田小由女夫妻の作品を常設展示した美術館と、銀山街道の宿場町として栄えた吉舎の歴史を伝える文化財、民俗資料を展示した歴史民俗資料館が併設して建っています。

    住所

    広島県三次市吉舎町吉舎546-1

    交通

    中国自動車道三次ICより車で約20分

    鵜飼

    永禄年間(1558~1569)、尼子の落ち武者によって始められたと伝えられる広島県三次市の夏の風物詩で、毎年6月1日から8月31日まで行われます。全国で唯一白い鵜を見ることができます。

    住所

    広島県三次市十日市親水公園

    交通
    • JR三次駅より徒歩約10分
    • 中国自動車道三次ICより車で約10分

    三次人形

    三次人形とは、別名光人形と呼ばれる、つやを持った気品のある人形で、広島県三次市の名産です。子供の初節句に、三次人形を贈り子供の成長を願う風習が広島県三次市には残っています。始まりは寛永の昔とされ、現在では華園窯が県内唯一の人形窯元です。

    住所

    広島県三次市十日市南4丁目12-17

    交通
    • JR三次駅より徒歩約15分
    • 中国自動車道三次ICより車で約5分

    奥田元宋・小由女美術館

    広島県三次市にある奥田元宋・小由女美術館は、奥田元宋と、奥田小由女夫妻の夢であった「ふたりの美術館」を実現した美術館です。中庭の池は代表作「月恋し」を再現する場に利用され、満月の夜は鑑賞イベントが開催されます。

    住所

    広島県三次市東酒屋町453-6

    交通

    中国自動車道三次ICより車で約3分

    ふぉレスト君田

    温泉施設森の泉や、はらみちを美術館が併設された滞在型の道の駅「ふぉレスト君田」。森の泉入口そば打ちを始めとした体験教室も開催されています。消臭剤として利用できる俵炭とわらじも販売されています。

    住所

    広島県三次市君田町泉吉田311-3

    【美術館】
    • 大人300円
    • 高校生150円
    • 中学生以下無料
    【温泉】
    • 大人600円
    • 小人300円
    • 幼児無料
    交通
    • JR三次駅より高野行バス櫃田口下車
    • 中国自動車道三次ICより車で約20分

    フルーツの森 平田観光農園

    広島県三次市の平田観光農園は、年間通して果物狩りを楽しめる広島県エコファーマーの認定を受けている観光農園です。農園で収穫された果物は、加工工場でオリジナル商品として製造され、販売されています。

    住所

    広島県三次市上田町1740-3

    交通

    中国自動車道三次ICより車で約15分

    ゆめランド布野

    おなじみの直売所のほか、地元の牛乳と農産物で作ったアイスクリームや木工の体験室など、広島県三次市の地域とのふれあいを大切にした道の駅です。

    住所

    広島県三次市布野町下布野661-1

    交通

    中国自動車道三次ICより車で約20分

    広島県三次市の歴代市長

    • 初代:吉岡 広小路(2004年4月18日~2008年4月17日 1期)
    • 2代目:村井 政也(2008年4月18日~2011年3月31日 1期)
    • 3代目:増田 和俊(2011年4月1日~2015年3月31日 1期)

    広島県三次市の地理

    広島県三次市は中国地方のほぼ真ん中に位置しています。北部に中国山地を見上げ、南には平坦な農業地帯を有しています。隣接する庄原市とともに、備北地方と呼ばれる県北地域を形成します。また、冬季には多量の降雪がある旧君田村・旧布野村・旧作木村域は豪雪地帯で有名です。

    広島県三次市の河川

    広島県三次市は江の川本流可愛川、及びその支流、馬洗川、西城川、神野瀬川が交わる盆地を中心とした地域です。河川の合流により夏場から秋にかけこの地方では珍しい霧が生じやすく、地元では霧の町とも呼んでいるそうです。初代三次市発足前は、馬洗川に架かる巴橋をはさんで、北側が三次町、南側が十日市町と独立した地方自治体でいわゆる双子町と言われる市街形態でした。